WordPress初期設定の方法!URL設定、パーマリンク設定、表示設定、コメント設定、他

こんにちは、おゆ会です。

今回は、WordPressをインストールした後にこれだけはやっておきたい初期設定の方法をまとめてご紹介します。

後から必要に応じて設定を変える箇所については今回は省略して、重要な箇所だけを解説していきます。

目次

設定 > 一般設定

WordPress アドレス (URL)とサイトアドレス (URL)

基本的に変更不要ですが、

  1. http:// から https:// に変更する場合
  2. WordPressをインストールする場所と公開する場所を分けている場合

は、ここで設定を変更します。

http:// から https:// に変更する場合

これから新たにサイトを作る場合を想定していますので、SSL対応(https://~)は前提としています。

基本的にインストールした場合は設定を変える必要はないですが、サーバーのインストール機能を利用した場合に変更が必要なケースがあります。

有名どころだと、エックスサーバーでWordPressインストール機能を使った場合ではこの設定が必要です。

WordPress アドレス (URL)とサイトアドレス (URL)の2か所のhttp://をhttps://に置き換えましょう。

サーバーにドメインを設定したばかりのときは、表示が上手くいかないことがあるので、その時は時間をおいてから再確認しましょう。

WordPressをインストールする場所と公開する場所を分けている場合

WordPressは通常ドメイントップ(https://xxx.com/)にインストールすると思いますが、下層(https://xxx.com/yyy/)にインストールして表示はドメイントップ(https://xxx.com/)にするという場合は設定を変更します。

この場合、サイトアドレス (URL)の箇所が、https://xxx.com/yyy のようになっていると思いますが、これをhttps://xxx.com に変更します。

この設定をしたときは、下層のフォルダ(ディレクトリ)に入っているwordpressのindex.phpファイルの中身を「require( dirname( FILE ) . ‘/yyy(下層のフォルダ名)/wp-blog-header.php’ );」のように置き換えてから、ドメイントップに置き換えます。

問題がなければ、https://xxx.com/にアクセスできるようになります。

設定 > ディスカッション設定

ここで確認が必要なのは、デフォルトの投稿設定にある

  1. 投稿中からリンクしたすべてのブログへの通知を試みる
  2. 新しい投稿に対し他のブログからの通知 (ピンバック・トラックバック) を受け付ける
  3. 新しい投稿へのコメントを許可

の3項目です。

私が使うときは、他ブログへの通知とピンバック・トラックバックの受付はジャマだなと思っているので上二つはオフにしています。

コメントについては不要な場合はコメントを許可のチェックも外すように設定します。

スパムなどの温床になりやすいのと、悪意はないけど攻撃的な質問などによって意図せず好ましくない空気になってしまうこともあるので、基本的にコメントはオフにして質問などはTwitterなどのSNSで応答するのがおすすめです。

ブログ記事などはそれも含めてコメントがあったほうがいいということも言えますが、企業サイトなどの場合はオフが安定です。

設定 > パーマリンク設定

パーマリンク設定というのは、記事を公開した場合のURLをどうするかという設定になります。

パーマリンク設定についての考え方ですが、内部SEO…つまり検索エンジンで調べられたときに上位に表示されやすい内部構成になっているかどうかという理由で決めるのが常識でしたが、最近はシェアされやすいかどうかというのが第一理由になる場合が多いですね。

実際、URLが長くなってしまう、日本語URL(wikipediaタイプ)は敬遠されるようになった印象があります。

これから新しく作成するときは、両方をうまくバランスよく取り入れて、シェアされやすく、SEO上不利にならないようにしましょう。

共通設定

基本、日付と投稿名、月と投稿名、数字ベース、投稿名、カスタム構造と並んでいますが、

シェアされやすさと内部SEO対策を踏まえたおすすめは、

  1. カスタム構造のポストID(https://xxx.com/123)「/%post_id%/」
  2. 投稿名(https://xxx.com/toukoumei)

です。

記事の内容をローマ字で反映させる投稿名タイプのほうがベターですが、ポストIDタイプのほうは一回ずつ設定しなくていいので楽。

といった感じです。

さらに言うと、

ブログやまとめサイトのような記事をどんどん書いていくタイプの場合ではカテゴリ名を含めないほうが無難ですが、コーポレートサイトやサービス紹介を主とした構成が固まっていてカテゴリ構成などが変わることがほぼないような場合は、カテゴリ名を含めた階層構造を持ったURLにするのがおすすめです。

  1. カスタム構造(カテゴリ名/投稿名)(https://xxx.com/category/toukoumei)「/%category%/%postname%/」

ですね。

オプション

こちらの、カテゴリーベースとタグベースという項目は、カテゴリやタグのページを変更したい場合に設定します。

何も設定していない場合、「https://xxx.com/category/カテゴリ名/」「https://xxx.com/tag/タグ名/」がそれぞれのカテゴリやタグの一覧ページになります。

基本的にはこのままでもよいのですが、共通設定で

  1. カスタム構造(カテゴリ名/投稿名)(https://xxx.com/category/toukoumei)「/%category%/%postname%/」

を選択した場合は、

「https://xxx.com/カテゴリ名/」となるように(つまり、categoryという階層を表示しないように)設定しましょう。

その場合、カテゴリーベースの欄には「.」(半角のドット、半角のピリオド)だけを入力します。

なお、タグに関しては、デフォルトのままにしておくことをおすすめします。

まとめ

今回ご紹介した3つの設定については、はじめに設定を決めおかないとトラブルの元になるものばかりです。

URLが変ってしまうようなものは特に重要です。

設定の基準について簡単にご紹介していますので、気になった方はそちらもご確認くださいね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いた人

おゆ会 おゆ会 ウェブ制作コンサル

やればできるという気持ちを支える土台作りで、「"難しいこと"を"新しいチャレンジ"に変える」ということを、仕事・プライベート共通のテーマにしています。

このサイトでは、自分でホームページを用意したいと思っている人、予算が取れないけど新しいことをはじめたい人のために、無料で情報公開を行っています。

ホームページ制作の仕事は今年で14年目。
最近は運用コストの低いオンラインサロンの構築や運営やサポートもしています。

仕事では、あなたに最適化した情報発信に関するご相談に対して、あなたの視点でお答えしています。ご相談・ご依頼お待ちしています。

ご相談・お問い合わせはこちら

目次
閉じる