WordPress & SWELLに最適なおすすめプラグイン8選+αの設定と使い方

こんにちは、おゆ会です。

プラグインは簡単に機能が追加できてお手軽ですが、機能によっては競合したりシステムが重くなってしまう原因になってしまいます。

そこで、まずはじめにSWELLでは不要だったり非推奨となるプラグインについてご案内して、それから最低限入れておくと便利なプラグインをまとめてご紹介していきます。

目次

SWELLを導入したら不要になるプラグイン

プラグインについては、SWELL開発者の了さんによって指針が示されているので、はじめてSWELLを使うときにそのページを参考にしながらプラグインを見直しました。

こちらを一次情報としつつ、現場で使っていて便利なものを追加したり見送ったものを省いたりしています。

SWELL
SWELLで非推奨・不必要なプラグインと、推奨プラグインについて | WordPressテーマ SWELL
SWELLで非推奨・不必要なプラグインと、推奨プラグインについて | WordPressテーマ SWELLこのページでは、WordPressテーマ「SWELL」でどんなプラグインを使えばいいか、使わない方がいいのかを説明していきます。SWELLと機能が重複していて不具合を起こすプラグ...

SWELLを導入した場合、基本的にテーマ自体に含まれている機能に関するプラグインは不要になります。

特に、上記のページにある、非推奨プラグインについては機能が競合して不具合を起こす場合があるので採用しないように注意が必要です。

他のテーマからSWELLに変更する場合は、まず最初に要らなくなるプラグインがないかチェックしてみてください。

画像の遅延読み込みプラグイン

Lazy Loadなどに代表される画像の読み込みを遅らせることでページ全体の体感表示速度を向上させるプラグインが人気ですが、SWELLでは標準でこの機能をサポートしています。

さらに、WordPress5.5からは標準機能としてもサポートされるようになりました。

いずれにせよ、プラグインではなく「SWELL設定」から設定するようにしましょう。

目次生成プラグイン

Table of Contents Plus、Easy Table of Contents、といったプラグインが有名ですが、SWELLでは目次作成機能とそのデザインの変更・設定、表示するかどうかを選ぶ機能があるので不要です。

テーマを変更した方は競合しないように削除しましょう。

ふきだし作成プラグイン

会話しているように見せるふきだしの機能はとても人気が高く、対応していないテーマでにふきだし機能を導入できるSpeech bubble、などは利用者が多いですが、SWELLにはよく使う設定を保存したりできる便利なふきだし機能が標準搭載されています。

人気記事作成プラグイン

よく見られている記事を自動的にピックアップしたりランキング表示させる際にWordPress Popular Postsなどのプラグインが利用されますが、最近ではテーマの機能で実装することが多くなっています。

SWELLにもこの機能がありますので、このプラグインは不要になります。

【重要】HTMLやCSS、JavaScriptの軽量化プラグイン

Autoptimize、などに代表されるソースの軽量化プラグインですが、SWELLは標準で最高クラスの表示速度になるように設計されているテーマなので不要です。

逆に、これらを導入することで機能的な競合が起こり問題が発生するケースがあります。

公式にも注意喚起があるので、他テーマから引っ越しをする場合は削除しましょう。

キャッシュコントロールプラグイン

W3 Total Cache、WP Super Cache、などが有名ですが、SWELLは標準で最高クラスの表示速度になるように設計されているテーマなので不要です。

こちらも競合によって表示や動作に問題が起こるケースがあります。

他テーマから引っ越しをする場合はプラグインの停止・削除がおすすめです。

ブロックエディタによって不要になるタグ呼び出し入力サポート

SWELLはブロックエディタに対応しているテーマです。

ブロックエディタでは、やりたい事に合わせてブロックを選択するという方法で各種機能を実装します。

よく使う機能はすぐ呼び出せますし、一覧からすぐに見つかるようになったので、AddQuicktag、TinyMCE Advancedなどの入力サポート系プラグインは基本的に不要になりました。

画像圧縮・軽量化プラグイン

画像は軽量化してあることに越したことはないのですが、テーマ製作者の了さんと同じくEWWW Image Optimizerはトラブルを経験しているので常時使用は見送り、Compress JPEG & PNG imagesは会員登録が必要で無料版に制限があるので、プラグインではなくアップロードする前に画像を処理するほうが無難かなと思っています。

というわけで、軽量化はプラグインを使わずに以下のサイトで一括処理しています。

あわせて読みたい
TinyPNG – Compress PNG images while preserving transparency
TinyPNG – Compress PNG images while preserving transparencyMake your website faster and save bandwidth. TinyPNG optimizes your PNG images by 50-80% while preserving full transparency!

おゆ会でおすすめするプラグイン8選

01.カテゴリ並び替えプラグイン「Category Order and Taxonomy Terms Order」

WordPressはサイドウィジェットにカテゴリを並べてくれますが、その際の並び順を変えるのがこのプラグインです。

手動でウィジェットの設定をする場合は不要ですが、サイト全体がある程度形になるまではこのプラグインに頼ったほうが楽かなと思っています。

要らなくなったら削除して卒業してしまうのもいいでしょう。

おすすめ設定と使い方

02.サイトマップ作成プラグイン「Google XML Sitemaps」

XMLサイトマップは検索エンジンに新規作成したページや現在のサイト全体の状況を通知するために使われるため、検索エンジンからの流入を抑制したいという特別な場合を除けば、ほぼほぼ必須となります。

WordPressはバージョン5.5から、XMLサイトマップを出力する機能がデフォルトで追加されました。

しかし、デフォルトのサイトマップ生成機能は、今までプラグインで出来ていたような更新などの情報が捨て去られてしまうため、まだまだプラグインを利用するほうがおすすめです。

プラグインを導入する場合は、「SWELL設定」からコアのサイトマップ機能を停止するという箇所にチェックが入っていることを確認しておくと安心です。

おすすめ設定と使い方

03.SEOプラグイン「SEO SIMPLE PACK」

SEOとは検索エンジン最適化のことですが、こちらを設定することで検索結果に表示されるタイトルや紹介文などがある程度コントロールできるようになります。

また、このページは検索結果に表示させたくない。といったことや、記事のタイトルと検索結果に表示されるタイトルを分けたい場合などの設定も可能になります。

FacebookやTwitterなどでシェアしたときの表示設定などもできます。

SEO SIMPLE PACKは、SWELL開発者でもある了さんが製作者のプラグインですからその点も安心して使えます。

余談ですが、SEO設定プラグインには、All in One SEOというプラグインが定番ですが、導入すると重くなるため最近では避けることが常識化しつつあります。

そういった目的のSWELL以外のユーザーにも選ばれているプラグインです。

おすすめ設定と使い方

SEOは、とても重要な要素なので専用のページで解説していきます。

あわせて読みたい
SEO SIMPLE PACKの使い方は?SEOの設定ができるシンプルなプラグイン
SEO SIMPLE PACKの使い方は?SEOの設定ができるシンプルなプラグインこんにちは、おゆ会です。

04.WordPressの日本語によるバグ対策プラグイン「WP Multibyte Patch」

このプラグインは、場合によっては標準で導入されているかもしれません。

導入していないと、サイト内検索機能で複合検索をする際のスペースの入力で、半角か全角かによって結果が変ってしまうなど微妙な違いが起こったりします。

入れておくと無難ということでおすすめします。

おすすめ設定と使い方

05.累積する記事履歴の自動削除プラグイン「WP Revisions Control」

WordPressで記事を書いていると、自動保存機能によってリビジョンと呼ばれる保存ファイルがたくさんできてしまいます。

何かミスをした場合に遡ってリスタートできるので便利な機能ではあるのですが、WordPressで利用しているデータベースファイルをかなり圧迫してしまうので、ある程度機能を制限するほうが無難です。

そのための機能をこのプラグインで実装します。

おすすめ設定と使い方

プラグインを有効化すると、投稿設定の画面にWP Revisions Controlの項目が表示されるようになります。

投稿、固定ページ、カスタムCSSという3項目につて、リビジョンの保存数が設定できるようになります。

僕の場合は、ほとんどリビジョンの機能を使わないので自分で運用しているサイトでは、すべて3で統一しています。

(3である理由は特にありません。作業の重要性によっては多めにします。フィーリングでお好きな数字を選んでいいと思います。)

06.プロフィールのアバター画像設定プラグイン「WP User Avatar」

この記事を書いた人、などで表示されるプロフィール画像を変更するときに利用するプラグインです。

顔写真やイラストなどを利用したいというハッキリとした意図が特にない方でも、デフォルトのままだと見栄えがよくないので何らかの画像を設定しておく事をおすすめします。

おすすめ設定と使い方

07.セキュリティ対策プラグイン「Limit Login Attempts Reloaded」

セキュリティ対策として一番重要なのは、不正なアクセスをブロックすることです。

基本になるのは、

  • 強度の高いパスワードを設定すること
  • ログインを繰り返すアクセスをブロックすること

この二つです。

強度の強いパスワード

プラグインとは直接関係ありませんが、強度の強いパスワードの条件は

  • 12桁以上
  • 数字を含む
  • 大文字と小文字の両方を含む
  • 可能であれば記号を含む

と言われていますので、一度見直しておいてください。

パスワードジェネレータなどを使ってもいいかもしれません。

余談ですが、私は「ロボフォーム」というパスワード管理ソフトの生成機能を使っています。

ログインを繰り返すアクセスのブロック

話が少しそれましたが、ログインを繰り返すパスワードの総当たり攻撃(ブルートフォースアタック)は今回の本題であるおすめプラグイン「Limit Login Attempts Reloaded」で対策します。

このプラグインは、文字通りログイン回数に上限を設けてくれるシンプルなプラグインです。

おすすめ設定と使い方

レンタルサーバーのWordPressインストール機能を使うとデフォルトでインストールされることもあります。

私が使っているレンタルサーバーの中では「ColorfulBox(カラフルボックス)」でインストール時におすすめされます。

ログイン回数制限だけでなく、もっと本格的にセキュリティ対策を考えたくなったら「All In One WP Security」などのさらに多機能な対策ができるプラグインを検討してみてください。

08.お問い合わせフォーム作成プラグイン「Contact Form 7」

お問い合わせや申し込みなどを受け付けるというのは、ホームページ・ブログを運営する主目的ですから、当然重要な要素になります。

このプラグインはお問い合わせフォーム作成として有名で利用者が非常に多く、検索すると使い方やトラブルが起きた時の解決策がすぐに見つかるのでおすすめです。

そして、おゆ会でおすすめする理由がもう一つ。

それはこのプラグインの機能を拡張してくれる「Contact Form 7 Conditional Fields」というサポートプラグインの存在です。

お問い合わせや申し込みを受け付ける際に、その内容によって入力が必要になる項目が変わりますが、このプラグインを入れておくと、条件によって項目を減らしたり増やしたりすることができるようになります。

申し込みフォームの入力が面倒で途中でやめてしまったり、必要ではなさそうな個人情報の入力を求められて申し込みを取りやめにするということは、利用者目線では非常によくあります。

自分もそういう経験があるという方も少なくないのではないでしょうか?

入力項目を過不足ない状態にできるこのプラグインの組み合わせは、仕事で制作に携わったお客様のほとんどの方に成約率が上がったと実感して頂いています。

プラグインで低コストで実装できるというのもポイントですね。

Contact Form 7 Conditional Fieldsについては必要になったときに追加すればよいので、今すぐ必要ではないという方も、それを見越してContact Form 7というのが安定した選び方かなと思います。

おすすめ設定と使い方

お問い合わせフォームに関しては重要な要素なので、専用のページで解説していきますので、ひとまず、プラグインのインストールだけ済ませておいてください。

あわせて読みたい
お問い合わせページの作り方!Contact Form7ならコピペで完了
お問い合わせページの作り方!Contact Form7ならコピペで完了こんにちは、おゆ会です。今回は、ホームページに欠かせないお問い合わせページの作り方を解説していきます。実際の作り方として「Contact Form 7」の簡単な使い方解説...

まとめ

SWELLを入れた際に、最低限入れておくと便利なプラグインを8つご紹介してきました。

こちらを入れておくと、ひとまずブログや集客のためのサイト作りがはじめられます。

シンプルですっきりした高速表示テーマのSWELLを活かすため、プラグインを厳選して足元をかためていきましょう。

この記事を書いた人

おゆ会 おゆ会 ウェブ制作コンサル

やればできるという気持ちを支える土台作りで、「"難しいこと"を"新しいチャレンジ"に変える」ということを、仕事・プライベート共通のテーマにしています。

このサイトでは、自分でホームページを用意したいと思っている人、予算が取れないけど新しいことをはじめたい人のために、無料で情報公開を行っています。

ホームページ制作の仕事は今年で14年目。
最近は運用コストの低いオンラインサロンの構築や運営やサポートもしています。

仕事では、あなたに最適化した情報発信に関するご相談に対して、あなたの視点でお答えしています。ご相談・ご依頼お待ちしています。

ご相談・お問い合わせはこちら

目次
閉じる